2017.02.14

「BRITISH SHOES FAIR」開催のお知らせ

uanews-20170210192547-790.jpg


新宿店・丸の内店・京都店にて、「BRITISH SHOES FAIR」を開催いたします。

このイベントは、英国靴を代表する<Church’s(チャーチ)> <CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)><SANDERS(サンダース)>の3ブランドの、ユナイテッドアローズ取り扱いのフルラインナップを揃えた販売会です。
<Church’s>はウィングチップの「CHETWYND(チェットウィンド)」や「BURWOOD(バーウッド)」をはじめ、名品として名高い「DIPLOMAT(ディプロマット)」にスエード素材を採用した別注品もご用意。<CROCKETT & JONES>からは別注のスエードタッセルローファーをはじめとするアイテムが並びます。この機会にぜひご来店ください。

また丸の内店においては、毎回好評をいただいています<maestro(マエストロ)>によるシューシャインサービスも、イベント期間中の3月22日(水)14:00~20:00に開催予定です。より綺麗な状態で、より長くお履きいただけるよう、ご購入のシューズをそのまま磨くこともおすすめしています。ぜひあわせてご利用ください。


BRITISH SHOES FAIR
開催期間/店舗
・2月25日(土)~3月12日(日):新宿店
・3月17日(金)~3月26日(日):丸の内店
・3月31日(金)~4月9日(日):京都店



uanews-20170213160324-524.jpg
・「BURWOOD」<Church‘s(チャーチ)>
ブランドを代表するモデル「BURWOOD」は、エレガントにもカジュアルにもマッチする汎用性の高さが魅力です。丸みのあるトゥが印象的で、カントリーシックな佇まいを感じさせます。
価格:¥95,040
カラー:ブラック
サイズ: 7、7h、8、8h、9、9h


<Church's(チャーチ)>
靴造りの町として有名なノーザンプトンのメープルストリート30番地に1873年、小さな工房を開いたのが始まりです。現在でも、チャーチはクロムウェルのピューリタン革命時代からの靴造りと密接な関係がある町ノーザンプトンで靴を造り続けています。工場はSt.James(セント・ジェームス)地区に位置し、グッドイヤー ウェルト製法の紳士靴を造る単体の工場としておそらくヨーロッパ最大の規模となります。製造されるシューズのおよそ70%がイタリア・フランスを初めとするヨーロッパ各国、そしてアメリカ・カナダ・オーストラリア・香港など全世界に輸出されています。



uanews-20170210193350-950.jpg
・スエードタッセルローファー<CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)>
<CROCKETT & JONES>が新しく提案するラストを使用し、スエード素材を用いたユナイテッドアローズエクスクルーシブモデル
価格:¥74,520
カラー:ミディアムブラウン
サイズ: 6、6h、7、7h、8、8h、9、9h


<CROCKETT & JONES(クロケット & ジョーンズ)>
1879年、英国靴の聖地イギリス・ノーザンプトンに誕生した<CROCKETT & JONES>。 創業以来、熟練したクラフトマンたちの高い手技から生まれるその靴は、美しさはもとより、 足を守るという靴本来の機能を徹底的に追及した理想の逸品です。 120年間かわることのない、その伝統の靴作りの哲学は、現在でも受け継がれ、 イギリスでも最も優れたメーカーとしての地位を誇っています。

PAGE TOP